--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/02/01

【DMC4】ダンテ強すぎワロタ

とりあえず一周終わったので小言。
いままでで言うノーマルにあたるデビルハンターモードをクリアしました。
全体的な難易度としてはシリーズの中では低い方かと。
マップの構成が非常に単純でほぼ迷う要素は無し。
今までのような謎解きや仕掛けの要素は大幅に減ったように思います。
純粋にアクションゲームとして楽しみたい人には好印象かもしれません。
問題のボス戦については、これも他のシリーズと比べると簡単と言わざるを得ない。
それでもアクションゲームとしては非常に面白い物になってると思います。
ネロの場合は敵の攻撃を避けつつ攻撃、敵が怯んだところへバスターを当てる。
という完全なパターンになるように作られています。
ダンテはもうなんていうかバスターがないのを補うためか知りませんけども、
…強すぎる。ノーマルならゴリ押しでなんとかなってしまう程に。


DMCシリーズを語る上で欠かせないのが攻撃のバリエーション。
主人公が二人に増えたせいもあってか、
それぞれの武器の数はそれほど多くありません。
軽いネタバレになってしまいますが、ネロに至っては武器は増えません。
その代わりに大抵の敵にバスターでどうにか対処できるようになってます。
もちろんバスターを無効化してこようとする敵も多数います。
それをどう当てていくかが今回のネロでプレイする上での鍵。

ダンテはバスターが無い分武器の種類は複数存在。
今回その全てをリアルタイムに切り替えることが出来るのが大きな変更点。
同様にスタイルも変更できるので、その攻撃バリエーションは無限大。
しかし前作から武器数を減っているので一部のコマンドが若干複雑に。
細かいところを言うと、3で言うベオウルフの通常技「ライジングドラゴン」が、
今回のギルガメスではソードマスタースタイルでないと使えません。
敵を打ち上げて自分も上昇という非常に使用頻度の高い技なだけに少し残念。
スタイル技になったということは使用するボタンも違ってきます。
リベリオンの「ハイタイム」は通常技のままなので、
咄嗟に切り替えた時に戸惑ってしまうことが多々ありました。
これに関しては慣れるしかないですが。

ゲーム全体の総合的な評価をするとすれば、
1,3>4ということになってしまうかもしれません。
シナリオについては語っていませんが、
DMCにおいてシナリオは二の次のような気もするので。
そのシナリオでも3に劣ってる感は否めませんが。
そうは言ってもやはりDMCはDMC、買って損したとは思いません。
まだほんの序の口であるノーマルをクリアしたに過ぎません。
本番はこれから、今回もDMDは健在のようなので、思う存分地獄を見たいと思います。
DMC4 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。